消費者金融系のカードローンを説明しているページです。

@カードローン比較情報をブックマークに追加しよう。
お気に入りに追加


カードローンとは?:消費者金融系

カードローンの中で最も利用がし易く、すぐに借入する事が出来るのが消費者金融系です。

お金が無くて困っている時、定職に就いていない人でも気軽に借入する事が出来るのが特徴です。 他のカードローンと比べると、格段に審査基準が緩くなります。

審査基準が緩くなる理由は明確で、通常の借入には担保が必要になりますが、消費者金融系では必要としません。 担保は利用者本人となり、保証人も必要としないためです。 ただし、信用が限度額の基準となるため、定職についていない場合は借入可能額が小額に。

他のカードローンと比べると、審査基準が緩くなるのは間違いないのですが、”過去に支払不可能になったモデルと酷似”、”多件数借入をしている”といった条件で断られる場合もあります。

すぐに借入できるのが消費者金融系の最大のメリットでもあるのですが、金利が高いというデメリットも。 カードローンが利用できる種類の中では、最も高くなる場合があります。

消費者金融系の借入は、設定された限度額以内であれば、何度でも借入する事が可能なのも特徴。 一度カードを作ってしまえば、毎月数万円づつ借り入れていく、といった事が可能です。 逆に数万円づつ、余裕が出来た分を、支払として充てていくという事も可能。

消費者金融系の借入方や窓口を探すのも、簡単になったきました。 最近では、テレビのCM、新聞、雑誌等で頻繁に見かけるようになり、窓口は無人契約機で受け付けている場合もあります。

利用しやすい、審査が緩いという事で、多重債務に陥るケースが最も多いとされています。 一昔前までは、サラ金という名前でイメージも大変悪かった消費者金融系。

現在は主婦や、フリーターといった利用者が多く、消費者金融系の気軽さで、人生計画が破綻したという例も少なくありません。 気軽な分だけ、より慎重に検討が必要となるカードローンではあります。

「ご利用は計画的に」で知られるように、返済目処や毎月の支出総額等を自己で判断し、計画が出来なければ利用は控えた方がいいでしょう。




このカテゴリ「カードローンとは?」のリスト
消費者金融系 |  信販系 |  銀行系 |  ローンのメリット |  ローンのデメリット | 

※コンテンツの無断複製、配布、修正、改編等、禁じます。