信販系のカードローンを説明しているページです。

@カードローン比較情報をブックマークに追加しよう。
お気に入りに追加


カードローンとは?:信販系

信販系って何だ?と思う人も多いかもしれませんが、クレジットカードをイメージしてもらえれば、すぐにわかるかと思います。 カード会社名や、クレジットという名前の方がどうしても先行してしまいますが、全てのクレジットカード会社が信販系に。

信販系のカードは消費者金融のように即日というケースは少ないですが、最短で一日で作ってくれる場合もあります。 通常は三日から一週間程度かかりますが、銀行系よりは早いです。

審査基準は消費者金融系よりも厳しく、銀行系よりも緩くなるのが特徴です。 最近では、フリーターや主婦の方でも原則作成する事は可能ですが、やはり審査に日数がかかり、断られる場合も。

利用限度額も、審査基準に則り作成され、クレジット、キャッシング双方の限度額が設定されます。 基本的にキャッシング枠が低く、クレジット枠の方が大きくなります。

支払は月々の口座からの引き落としと、振込みによる支払が可能。 また支払方法に、リボルビング方式があるのも特徴です。

消費者金融系と比べると金利は安くなりますが、銀行系よりは高くなります。 金利はクレジット機能と、キャッシング機能で設定が分けられている場合があり、キャッシングの金利は消費者金融と同率、もしくは高い場合もあります。

信販系カードのメリットは、ショッピング機能を搭載している事。 一定の信頼を得ている証として、お店や機関を利用する事ことが出来るのも特徴です。

カード自体に年会費(使用料)がかかり、作成時の選択基準となる場合があります。 年会費が安くても、利率が高かったり、またその逆もあったりと各社によりメリット、デメリットの違いがあるのも特徴。

信販系カードローンも、消費者金融系と同じく、ATMなどの機械で気軽に借り入れる事が可能です。 リボルビング払いの設定にもよりますが、毎月一定の支払いを設定する事が可能で、金銭負担は軽くなります。 そのため、多く利用してしまいがちですが、実際は期間が長くなればなるだけ、多くの金利と手数料を支払っている事になります。

消費者金融系、信販系の借入は気軽な分だけ、より計画的な利用が必須になります。




このカテゴリ「カードローンとは?」のリスト

※コンテンツの無断複製、配布、修正、改編等、禁じます。