銀行系のカードローンを説明しているページです。

@カードローン比較情報をブックマークに追加しよう。
お気に入りに追加


カードローンとは?:銀行系

銀行系のカードローンは金利の安さが特徴です。

消費者金融系、信販系とは審査の基準も限度額も異なり、気軽に借り入れる事は出来ませんが、その金利の安さは最大の魅力。

借り入れる銀行や金額により違いはありますが、中には消費者金融系とあまり違いがない金利の場合もあります。

しかし一般的な消費者金融系と比べた場合、10%以上安くなる事もあり、利息制限法に則った最大18%の金利内で原則借入が可能。 当然、多くの人が銀行系のカードローンを使用したくなりますが、審査の基準は最も敷居が高くなります。

最近では利用者を増やすためにCMなども頻繁に行っていますが、決して審査基準が緩和されている訳ではないので、注意が必要です。

消費者金融系の審査基準を参考にし、審査項目自体は変わりませんが、審査スピードが格段に速くなっている銀行が増えてきています。 カードの作成も、早い銀行では当日で発行してくれるようになりました。

審査基準は、消費者金融系、信販系と必要となる項目は変わりませんが、定職期間や居住年数が高基準で必要になり、誰でも気軽に作れないという点は変わっていません。 しかし、巨大な資金力を持つ銀行系の借入は、初回から50万円から150万円程度まで利用する事が可能です。 消費者金融系の借入は、初回最大50万円程度です。

銀行系カードローンの実態は、消費者金融系の会社が行っている場合もあり、審査基準は高く、金利も安いままで利用者を増やすという側面を持っています。 実際には、提携や合同会社で運営をし、消費者金融系はブランド力拡大、銀行系はシェアの獲得を目指している場合が多いです。

消費者金融系や信販系は、借入の踏み倒し、自己破産が多く、利用者にとってもそういった状況に陥りやすい貸付システムであるのは否めません。 今では一つの選択肢として、広普及を目指している銀行系のカードローンから利用するという時代になってきています。

かつては企業や個人事業者向けのプランが多かった銀行系の借入イメージ。 借入先の先入観を無くし、まずは金利の安い所から借り入れていくという意識を持ちましょう。




このカテゴリ「カードローンとは?」のリスト

※コンテンツの無断複製、配布、修正、改編等、禁じます。