ローンのデメリットについて説明しているページです。

@カードローン比較情報をブックマークに追加しよう。
お気に入りに追加


カードローンとは?:ローンのデメリット

ローンを利用する際、必ずどこの借入先も魅力的な勧誘をしてきます。 悪質な場合はもちろん問題ですが、そもそもローンという商品が人間の本質的願望を利用した、魅力的な商品である事には間違いありません。 利用の仕方、商品内容により、人生プランが破綻する場合もありますので、ローンという商品のデメリットをよく把握しておきましょう。

まず最大のデメリットとして、金利が高いという点です。 手軽で気軽に利用できるシステムほど、金利は高くなっていきます。

金利の計算は難しく、長期間借りる程、手数料や金利の支払が高くなってくるのは、どこの会社でも一緒。 貸金業法の改定などによる、国の支援が働いている点もありますが、一般的に理解できるほど金利システムは甘いものではありません。 全てを理解する必要はありませんが、利用した会社の金利の発生方法、利率、手数料、他社との違いなどを把握しておくことは大切になります。

長期間の支払になると、法的規定を超えている場合も多々ありますので、国が定めている金利基準なども理解しておかなければいけません。 実際には弁護士などに依頼する必要がありますが、超過分を取り戻せる可能性があるという事は覚えておきましょう。 逆に、それを知らないと法外な金額を長期間支払っている可能性もあるという事です。

ローンの最大のデメリットは金利や手数料が一番大きいと思いますが、そのイメージも悪いです。 一般的なイメージもそうですが、「借金」という事には変わりがないので、イメージの悪さをしっかり把握する事も必要です。 「ローンを組んだ」ではなく、「借金をした」という認識を持ち続けなければ、その気軽さの連鎖にはまってしまう事もしばしば。

ローンにおける最大のメリットである、気軽で手軽という点が、最悪の結果を生み出す最大の原因になっています。 支払い困難なために、さらにローンを組む、その支払をするためにまたローンを組むというのが最も恐れるべき事態です。

元来、そういった利用をしてもらうために各貸付業者も営業をしているわけではありませんが、利用者拡大という営業背景がある限りは、ローンという商品が無くなる事はありません。




このカテゴリ「カードローンとは?」のリスト
消費者金融系 |  信販系 |  銀行系 |  ローンのメリット |  ローンのデメリット | 

※コンテンツの無断複製、配布、修正、改編等、禁じます。