支払方法について説明しているページです。

@カードローン比較情報をブックマークに追加しよう。
お気に入りに追加


クレジットカード:支払方法

クレジットカードは、借金をする事には変わりがないのですが、支払方法は他の借入時とは名称も内容も異なります。

ほとんどの人が持っているクレジットカードですが、一括払いと分割払いしか知らないという人も多いかもしれませんね。 頻繁に使う人ほど、支払方法の種類をたくさん知っているのが特徴。

具体的には以下の方法があります。

(1)一括払い
(2)分割払い
(3)ボーナス払い
(4)リボルビング払い
(5)フレックス払い

利用する方法により、金利も手数料も変わってきますので、契約時にもらった契約内容と実際の支払費用をよく確認する事が大切です。

聞き慣れない支払方法もあるかと思いますので、具体的に説明します。

(1)一括払い
手数料、金利がかからない。 その場で現金を払う必要もなく、ポイントまで付く。 クレジットカード機能で最も優れた使い方。

(2)分割払い
2回払いから60回払いまで各社により様々。 一定支払回数以上から金利や手数料が付く場合も。 借金の心得「借りる期間が長くなるほど金利は高くなる」の代表。 計算方式等は割と分かりやすいので、自分で把握がしやすい。

(3)ボーナス払い
ボーナスがある人しか使えない。と思いがちだが原則誰でも利用可能。 その変わり負担が大きい。 利用してから支払いが始まるまでの期間が長いので非常に便利。 ボーナス一括だと、最長で6ヶ月延長可能。 手数料も金利も一切かからない場合が多く、ほとんどの会社がボーナス二回払いまで出来る。 自分で支払期間までの金銭管理が出来る人にはお勧め。

(4)リボルビング払い
クレジットカードを代表する支払方法の一つ。 毎月の支払額を一定にする事が可能。 ただし一定額は、各社の採用している方式により異なる。 金利と手数料がかなり高い。 支払の負担は楽になるが、後でダイレクトに負担が来る。

(5)フレックス払い
リボルビング払いの支払額を自分で決める事が出来る。 一見すると便利だが、支払額を小額に設定するほど、期間は長くなり、金利も手数料もどんどん高くなる。 まさにユーザーに判断を委ねる支払方法。 採用している会社は結構少ない。

原則この5つがクレジットを代表する支払方法となります。 覚えておいて損はないので、是非自分にあった有効活用をしましょう。




このカテゴリ「クレジットカード」のリスト

※コンテンツの無断複製、配布、修正、改編等、禁じます。