利用限度額について説明しているページです。

@カードローン比較情報をブックマークに追加しよう。
お気に入りに追加


ローンの知識:利用限度額

お金を借り入れる際、必ず利用限度額というのを設定されます。

初めて利用する場合も含め、50万円程度を設定される事がほとんどです。 中には、初回から200万円以上の限度額が設定される場合もあります。

利用限度額の設定基準は各貸付業者が設定していると思いがちですが、実際には信用情報機関が設定を行っているのが特徴。

借り入れる際、受付の人との会話で「いくらの契約を希望しますか?」という内容が出てくるかと思います。 ここでどれくらいの金額を言うのかは自由ですが、尋ねている人にどういう事情を説明しようが、基本的な利用限度額を決める人ではないという事です。

ただし、信用情報機関が出した結論から脚色をしてくれる事はあるので、貸付担当の方がいる場合は、しっかりと利用の説明をしましょう。

では信用情報機関が、具体的にどういった基準で利用限度額を設定しているのかをご紹介していきます。

まずは審査基準の内容。
定職に就いている期間、居住年数といった数値で大きく判定が変わります。 職業の内容、役職なども響いてきます。

次に、他金融機関からの借入額。
初回で200万借り入れる事が出来ても、他から借りて間もない時期や、他債務がある場合は大きな判定原因となります。

最も大きな原因が、信用実績。
今まで借り入れたお金を、毎月確実に支払いが行われているのか、また他トラブル等を起こしていないかといった要素は大変大きな判定となります。

信用情報機関は、情報を統括する機関である事は間違いないのですが、基本的に保有する情報そのものは少ないです。 よって、これらの一定の情報で審査と設定を行っているのが現状なのです。

利用限度額を増やしたいという人も多いかと思いますが、現実には難しく、判定基準も経済状況などによって左右される事も少なくありません。 実態を把握するのは大変困難です。 しかし、確実に利用限度額を増やす方法が一つだけ存在します。

それは、「毎月しっかりと支払を行う」という事。

お金を借りる。
綺麗に返せる。
これの繰り返しで、確実に信用はあがって行くという事だけは覚えておきましょう。




このカテゴリ「ローンの知識」のリスト

※コンテンツの無断複製、配布、修正、改編等、禁じます。