多重債務について説明しているページです。

@カードローン比較情報をブックマークに追加しよう。
お気に入りに追加


ローンの知識:多重債務

多重債務とは、一般的に「借金を借金で返す」状況を指す場合が多いです。

自分が多重債務になる事はない。 多重債務は専門用語。 そう思っている人が多いのも確かですが、実際に多重債務者は想像以上に存在します。

人間の心理的に、一杯一杯の状況になると必ず、楽をして何とかしようとするのが普通です。 これが多重債務の始まりと言っても過言ではありません。

この借金を借金で返すという事は、最も単純極まりない方法です。

貸付業者も「お金を貸す」事で、事業が成り立っているのは間違いありません。 当然貸付をしてくれます。 しかし、自己破産が増えすぎたために”多重債務の予防”は行っています。

例えば、他の金融機関で追加キャッシングを利用した場合。 すでに利用している会社、もしくは追加で利用した会社から電話が入る事があります。

利用状況により異なりますが、再審査を行う場合も。

さらに各貸付業者間で”三件規制”というのを必ず設定しています。 3件で借入をしている場合、4件までは許容するが、それ以上は貸付をしないという内容です。

多重債務者にはこういったブロックをしているのですが、多件数債務者にはより厳しくなります。

多数の貸付業者から借り入れるという事は、”小口の借入しか出来なかった人”という見方が正しいかと思います。 さらに、多数からの請求が来ている事は間違いないので、月々の支払額が高額になっていると容易に想像がつきます。

多重債務は”人生の終わり”の始まりと考えて間違いありません。 借金を借金で返すという事は決して罪に問われる事はありませんが、清算をするべき時が必ず来ます。

一杯一杯になって、いつのまにか”自分が多重債務者に”なっているケースがほとんどなので、本当によく考えましょう。 自己破産をするのも簡単ですが、人間として社会の信用を一気に失うという事も忘れないようにしましょうね。

お金を借りる事に癖が付いてしまっている人には、特定機関に”貸禁依頼”等を行う事もできます。 自分で自分を管理する自信がない人は、そういったシステムも”自分のため”に、上手に利用していきましょう。




このカテゴリ「ローンの知識」のリスト

※コンテンツの無断複製、配布、修正、改編等、禁じます。