特定調停について説明しているページです。

@カードローン比較情報をブックマークに追加しよう。
お気に入りに追加


ローンの知識:特定調停

借入状況により、支払が困難になった場合。 多くの場合、最後は自己破産という結末が待っています。 しかし自己破産に陥る前に、”特定調停”という手段が残されているのでご紹介します。

なかなか聞き慣れない言葉で、どういった内容なのかを知らない方も多いと思います。 これは裁判所への申請と手続きが必要となるためです。

裁判なので長期化する場合もありますし、確実に通る訳でもありません。

特定調停が非常に便利とされる最大の特徴は、金利を0にする事も可能なため。 さらに月々の支払固定額を、大幅に引き下げる事も出来ます。

ここまで便利だと、多くの人が利用したくなるのが本音ですが、あなたが金融機関の立場だとしたらどうでしょうか?

急に「支払が困難になったので、金利(営業利益)を無くし、支払を緩和させろ(長期化)。」と言われる訳です。 普通に考えて、理不尽極まりない要求でしかありません。

しかし金融機関としては、「自己破産をされて、回収不能になるよりは・・。」という脅迫観念が働くのがこのシステムの肝になります。

措置としては、自己破産を未然に防ぐ一つの段階として用意されている面が強いのですが、貸付業者にとっては、自己破産と同じぐらい信用に欠ける行為となります。 よって、特定調停を行うと信用情報機関に即座に登録され、新規の借入等は出来なくなります。 さらに、特定調停が確定後は、新しく作り直した契約内容を一つでも破ると、特定調停が無効になる場合も。

特定調停の申し込み条件も大変厳しいです。 簡単に言ってしまえば、自己破産一歩手前の状態でないと受理されません。 さらにそうなった理由が、個人の娯楽関係が主な原因ですと、間違いなく受け付けてくれませんよ。

特定調停は「急な必要出費が重なり、仕事先の会社が倒産して当初の予定と大きく変わった。」、そういった人のために用意されているシステムなのです。

手続き自体はそう難しいものではありませんが、”利用できる条件が厳しい”という事と、こういった救済措置もあるという事を覚えておきましょう。




このカテゴリ「ローンの知識」のリスト

※コンテンツの無断複製、配布、修正、改編等、禁じます。