借りるタイミングについて説明しているページです。

@カードローン比較情報をブックマークに追加しよう。
お気に入りに追加


お金を借りる:借りるタイミング

お金を借りるためには審査が必要になり、各社が設定している基準をクリアできない場合は、借入が出来ません。

各貸付業者により違いはありますが、審査以外にも貸し付ける基準が存在します。 様々な要素が原因にはなりますが、その中でもタイミングが大変重要になってきます。

例えば申し込み一つを取っても、かなり重要に。

同じ日に複数社へ同時に申し込むと、まず審査は通りません。 審査をするのは各貸付業者も行いますが、貸付に関する諸情報を専門に扱っている機関が存在します。 申し込みを受けた情報はどの貸付業者も、一度ここで確認を取る事に。

例えば一つの貸付業者で50万円の借入をするとします。 これを複数社で同時に行うということは、総額で個人の限度金額を超えてしまうという事です。 各社の限度額は違いますが、審査機関が一緒なため、常軌を逸した利用はまず通りません。

日にちをずらし借入を申し込んだとしても、結果は一緒です。 立て続けに申し込みをする事は、信用を落とす結果になるだけだ、という事は忘れないようにしましょう。

しかし審査機関に情報登録されるのは、最初に申し込んだ借入の翌日になるため、借入できる可能性も0ではありません。 申し込んだ記録は残るので、即日融資可能な貸付業者にしかできませんが。

また各社により、毎月の獲得件数目標が設定されています。 借入状況や、金額にもよりますが、月末から月初めの期間は最も借入がし易い言われています。

月の期間もそうですが、時間帯もあります。 月末から月初めの期間で、朝の会議が終了した11時から14時の間は可能性が格段に上がりますよ。 貸し付ける会社、営業担当の方も人間ですからね。 こちらの話し方、状況が非常識な場合は、これらのタイミング条件が無駄に終わるという事も忘れないようにしましょう。

これらのタイミングを計算に入れた借入で、通常の審査よりも借入し易くなるという事を覚えておいて損はありません。 しかし、これらのタイミングを上手く利用する事で、借りすぎるという事態だけは何としても避けましょうね。

あくまで、普段の審査よりも若干緩くなるタイミングが存在するという認識で覚えておきましょう。




このカテゴリ「お金を借りる」のリスト
借りるタイミング |  審査基準 |  必要な物 |  保証人 |  担保 |  利息 |  無人契約機 |  計画的に利用する |  一本化する | 

※コンテンツの無断複製、配布、修正、改編等、禁じます。