審査基準について説明しているページです。

@カードローン比較情報をブックマークに追加しよう。
お気に入りに追加


お金を借りる:審査基準

お金を借りる人、お金を貸す人、双方にとって最も障害となるのが審査基準となります。

どの貸付業者も営業目標というのが設定されているのが実情で、より多くの人により多くの金額を借りてもらう事が成績評価となり、利益となります。

借りる人も、より気軽に多くの金額を借りようとしたいのが本音ですが、自分で返せるとは思っていても、それを完全に自己判断出来得る訳ではありません。

そこで双方の間に、一つの基準として設定されるのが「審査」となります。

審査基準は、各貸付業者により異なる場合もありますが、決定基準となる項目は変わりませんので、具体的に見ていきましょう。

基本的には申し込み用紙に記入する内容が判断材料となります。

・月収、年収。
・勤務先の勤続年数
・居住年数
・居住持ち主
・他借入総額と件数

これらの要素が最も大きな基準となります。

各貸付業者により、条件数値の基準は異なりますが、原則どの会社でも”同じ審査機関に審査の委託をしている”という事を覚えておきましょう。

信用審査機関と呼ばれる、個人情報を管理、取扱している会社があります。 よく規約や契約条項に「第三者の審査機関に、個人情報を委託する場合があります。」と書かれているのは、信用審査機関の事です。 債務情報、個人情報等、”信用”の基準となる情報と、個別認識情報が登録される事になります。

信用審査機関を通さず審査、もしくは個人情報の流用を止めてくれという意見も当然出てくるかと思いますが、現状の金融システムでは審査機関なしでの営業は、ほぼ不可能とまで言われています。

実際、一介の貸付業者が、他社に顧客情報を求める事は出来ませんし、流出させる事も出来ません。 しかし、全ての貸付業者が貸付をする際には顧客の他借入情報は必須となり、保有している情報を預け、引き出す事というが必要不可欠となってくるのです。

つまり”審査”は、貸付業者が行うのではなく、原則信用審査機関が、全ての情報を統括して判定しているという事になります。

ちなみに、可能利用額の決定もこの信用審査機関が行っています。




このカテゴリ「お金を借りる」のリスト

※コンテンツの無断複製、配布、修正、改編等、禁じます。