必要な物について説明しているページです。

@カードローン比較情報をブックマークに追加しよう。
お気に入りに追加


お金を借りる:必要な物

お金を借りるという事は、慣れていない人にとっては大きな出来事です。

しかし実際に借り入れるには、とても簡単に借入する事が可能で、必要な物もあまりありません。

大きな金額、金融商品内容により、準備する物は変わってきますが、基本的に印鑑と身分証明書があれば借入可能です。

身分証は何が該当するのか。 判定が微妙な物もありますが、以下の物であれば身分証明書として使用可能ですので、参考にしましょう。

・住民票の写し  コピーでも可能な場合もありますが、原則”住民票”を用意しておいた方が確実です。 お住まいの地域の役場で発行しています。(有料)

・健康保険証 社会保険、国民健康保険を問わず、保険証であれば大丈夫です。 毎年更新発行されるので、期限切れの保険証には注意しましょう。

・運転免許証 どのような種類の免許証でも、国内で発行された運転免許証であれば使用可能。 2年、もしくは5年に一度更新されるので、期限切れには注意しましょう。

他にも、年金手帳、母子手帳、所属している会社の社員証明書が使用できる場合もありますが、上記の3種であれば確実にどの金融機関でも利用可能です。

また利用する貸付業者により、身分証明書が2点以上必要になる場合もあるので注意が必要ですよ。

あくまで一般的な借入に必要な物なので、高額な借入や借入プラン内容により、給与明細や源泉徴収などが必要となってくる場合もあります。 消費者金融系のように、すぐに利用できる貸付業者の場合は印鑑と身分証を用意しておけば、何の問題もありません。

他に必要な物が想定以上に増え得る場合は、貸付業者も予め想定している事が多いので、しっかりと事前説明があるはずです。 発行されるまでに、ある程度の日数がかかる書類等も存在しますが、準備が遅れたからといって貸付基準に影響する事はありません。 慌てずしっかり準備しましょう。 あまりに遅延している場合や、内容が適当すぎる場合はその貸付業者の審査基準として、影響する場合もあります。




このカテゴリ「お金を借りる」のリスト

※コンテンツの無断複製、配布、修正、改編等、禁じます。