担保について説明しているページです。

@カードローン比較情報をブックマークに追加しよう。
お気に入りに追加


お金を借りる:担保

カードローンを利用する場合には、あまり聞く事がない”担保”という言葉ですが、金額や内容によっては必要となってくる場合もあります。

担保は保証人とは違い、借入人が保有する財産を、支払が出来なくなった場合に徴収する事が可能になるシステムです。 そんなに利用する事ないだろう?という人もいるかもしれませんが、割と日常でも密接に担保は関わっています。

例えば、車を購入した時。 これでローンを組んだ場合は、”車を担保”にされています。 結構気づいていない方も多いですが、契約内容をよく確認すると、ほとんどの場合に強制担保にされています。 お店とローン会社が提携をしていても、会社自体が別のため、あまり詳しく説明が入る機会は少ないかもしれませんが、ローン会社から送られてくる資料に必ず明記されていますよ。

当然、支払が滞る、不可能状態になる場合は”差し押さえ”となり、所有権が変更される事になります。 担保は借り入れた金額と同額、もしくはそれ以上の価値がある不動産や所有物に掛けられる事が多くなります。

担保に掛けるという事は大変簡単なのですが、掛けた担保がなくなる可能性というのを常に念頭に置いておかなくてはいけません。 差し押さえが起こると、担保は原則戻ってきませんが、借金は帳消しになる場合がほとんどです。

また担保を借金の補填としても、差額分の利息や手数料が残り、請求が続くという場合もありますよ。

原則、担保は個人の所有物である必要がありますが、所有物が複数人の場合や、家族が所有権を持っている資産を利用できる事もあります。 その場合は、自分以外の所有者による書類作成等を行い、大変な手間と説得が必要となります。

担保の不利な点ばかりがどうしても目立ってしまいますが、もちろん利点もありますよ。 不動産や資産の場合は、まず審査の大きな信用基準となりますし、金利が安くなるケースも少なくありません。 特に銀行系からの借入は格段にし易くなるので、返せる自信がある場合は、大いに利用するべきだと思います。




このカテゴリ「お金を借りる」のリスト

※コンテンツの無断複製、配布、修正、改編等、禁じます。