カードローンは計画的に利用しましょう。

@カードローン比較情報をブックマークに追加しよう。
お気に入りに追加


お金を借りる:計画的に利用する

TVのCMなどでもお馴染みとなった「計画的に利用する」という言葉ですが、これほど借入に関して適した言葉はありません。

多くの人が、計画的に利用しようと様々な出費や総収入による、暫定計算を行っているはずです。 それは間違っていないのですが、借入に対する姿勢としては、まだまだ未熟としか言いようがありません。

本来、借入、融資という商品は、銀行等が行っている審査のように、返済プランを提出し、第三者を納得させるぐらいが確実です。

多くの人が作成する暫定計算の中には、予期せぬ出費計算が抜けている事がほとんどです。 元来、返済プランを機関に提出する際には、ここで必ずストップがかかります。

日常生活において、自分が想定した計画外の事態が起こるという概念が欠けているという事です。

例えば、病気や事故に合い、数ヶ月収入がストップする可能性も。 貯金はある程度あるが、不慮の事態に耐えられる金額なのかといった、具体的状況を捻出しましょう。

また、借り入れる際に利息計算法を用い、他社と比較をするといった”計画準備”も見落としがちです。

利息は安くても手数料が高かったり、どちらも安いけど他に割安なサービスをしている会社があったりしますからね。

(1)お金を借りる意思が芽生えた
(2)本当に必要な物なのかをよく考える
(3)自分の貯蓄、年収をよく考える
(4)金利、手数料、その他費用をよく比較する
(5)毎月の全ての支払金額を正確に割り出す
(6)家族や友人に頼る事なく支払えるのか
(7)支払困難になる要素はないか
(8)それでもまだ借金をしてまで必要な出費なのか
(9)自信がない時は無理に借り入れない
(10)実際に借り入れる

これらの10項目の流れが、借り入れるまでの必要最低限な流れとなってきます。 またこういった内容を貸付業者が口頭で説明する事は、ほとんどありません。

貸付業者は借入してもらって、初めて利益が出るのが本音です。

自己判断で自己責任が借金の前提になります。

聞き慣れてしまった「計画的に利用する」という言葉は、簡単なようで単純ではないという事を、もう一度よく考えましょう。




このカテゴリ「お金を借りる」のリスト
借りるタイミング |  審査基準 |  必要な物 |  保証人 |  担保 |  利息 |  無人契約機 |  計画的に利用する |  一本化する | 

※コンテンツの無断複製、配布、修正、改編等、禁じます。