一本化について説明しているページです。

@カードローン比較情報をブックマークに追加しよう。
お気に入りに追加


お金を借りる:一本化する

借金をする上で一番怖いのが、「借金を借金で返済する」という事です。

一見合理的に見えますが、月々2万円払っていたのが、もう一件分プラスされ、毎月4万円支払うという結果になる事も。 それが払えなくなり、さらにもう一件借金をするという”無限地獄”に陥るケースも少なくありません。

さらに複数の契約が重なると信用機関からストップがかかり、借入がストップする場合もあります。 こうなると、通常の貸付業者からは借り入れる事が困難となり、闇金といった悪質な業者に手を出す結果にもなりかねません。

そこでお勧めするのが、借金を借金で返す事には違いないのですが、大きく借りて、”一本化”するという借入方です。

例えば、3件から50万円づつ借り入れている場合。 月々、1万円を3件分の支払で3万円請求が来ているとします。

借り入れている3件分の150万円を、他の金融会社より借り受けてみましょう。

3件分の借入に関しては、”完済”となり、新規に150万円の契約となります。 支払方法にもよりますが、一件だけの請求になり、金額も3万円から1万5千円ぐらいまで安くなる場合も。 気分的にも経済的にも楽になります。

ただし、一本化した契約の支払が出来ないという事態になると、そこから新規に借り入れる事は大変難しくなります。 一本化商品を取り扱っている金融機関は大変多いのですが、多くの金融機関が「返済し易くするため」に、従来の審査基準より緩めにして貸し付けしてくれている事がほとんどです。 泥沼に陥る前の最終手段として利用するという事を忘れないようにしましょう。

また支払の負担が軽くなっているという感覚には間違いないのですが、より大金を長期に借り入れているという現実も忘れてはいけません。

どれだけ安い金利のプランを利用したとしても、長期になればなるほど手数料と利息がかかります。

150万円クラスになると、月々の支払はほとんど利息を払っているという結果にもなりかねません。

一本化という便利なシステムがあるという事には間違いないのですが、「世の中そんなに甘くはない」という点だけは忘れないようにしましょう。




このカテゴリ「お金を借りる」のリスト

※コンテンツの無断複製、配布、修正、改編等、禁じます。