過払い金について説明しているページです。

@カードローン比較情報をブックマークに追加しよう。
お気に入りに追加


過払い金とは

あまり関係ないだろうと思っている人も多いかもしれませんが、金融には”過払い金”というのがあります。

「難しい事を言われてもよくわからない」と敬遠していると、お金を損している結果にもなりかねません。

過払い金が何か?という事をよく理解しましょう。

過払い金は、まさしく読んで字の如く「払い過ぎたお金」です。 毎月しっかりと計算された金額が請求されて、それをしっかり払っているだけなのに、どこに問題があるのか。

まず理解してもらう必要があるのが、利息制限法という法律があるという事。 色々と複雑で難しい法律なのですが、簡単に言ってしまえば「20%を超えた金利はいけませんよ!」という法律です。

「あれ?でも私が利用してるところはもっと高いよ?」という人。
その超えた分が”過払い金”となります。

「なんでそんなやり方するの!?」という意見が当然出てきます。 利息制限法の他に「出資法」という金融の法律で、「29.2%以上は法律で取り締まるぞ!」となっています。 逆に言うと、それを超えないと取り締まる事がないという事。

ずるいですね、いやらしいです。
でもそれが現実なのです。

しかし20%を超えた金利分に関しては”違法”である事に間違いはないので、しっかりと取り返しましょう。

ちなみに、私も金利の高い借受をした事がありますが、説明などにこれらの情報はほとんど記載されていません。 ただし「それっぽい書き方」があるのでご紹介します。

「利息制限法 第一条 第一項に規定する利率を超過する場合、超過分に関してのみ支払う義務はありません。」 というのが、請求書の端っこの方に小さく書かれています。 全然わからない人にとっては、「はい?」って感じですよね。

「まぁいいか・・」と思った人。
その時点でいいように騙されている事になりますよ。

これは違法です。 取り締まりがないだけの違法。 原則5年以上の利用に掛かる事の多い過払い金ですが、それ以外でも該当する事があるので、他人事と思わずにしっかりとした意識を持ちましょう。


このカテゴリ「過払い金」のリスト
過払い金とは |  過払い金請求 |  計算方法 |  自分でする | 

[PR]


※コンテンツの無断複製、配布、修正、改編等、禁じます。