過払い金を自分でどうにかしたい方へむけたページです。

@カードローン比較情報をブックマークに追加しよう。
お気に入りに追加


自分でする

一般的に過払い金請求は、弁護士や行政書士に依頼するのが確実。 しかしそこを敢えて、個人でする事を強くお勧めしたいです。

裁判をする事になっても、費用はほとんどかからないですしね。 むしろ裁判をして、(1)勝訴 (2)提出過払い全て確定 (3)裁判費用 (4)慰謝料(これが大きい) 全てを取れれば、ちょっとした副収入になります。

では自分で請求をする際の実際の流れをご紹介します。

まずは資料請求。
契約をしている各社に、取引履歴を請求してください。 原則請求があった場合、開示をする事が貸金業者の義務になっていますが、送ってこないところは送ってきません。 支払が全て終わった後の請求はし易いのですが、利用中は相手も渋りがちですので、「支払状況を一度把握しておきたい」といった理由で開示を求めましょう。 (元々が、わざと金利を高くしている会社なので、”嫌な会社だ”という事を忘れずに。)

資料が来たら、支払った回数分の全ての”引き直し計算”をします。 面倒臭いですけど、これが証拠理論になりますよ。 計算ミスは裁判でも痛くなるので、何度も確認しましょうね。

次に、いよいよ対決。
相手に”請求書”を送りつけます。 送るのは”請求書”であって、間違って”計算書”を送らないようにしてください。 請求書の文面に「過払い金がある事が判明したので、請求をします。」と書けば相手もわかります。 今度はこちらが相手に請求する立場になり、結構楽しいですよ。

請求書が送られてくると、相手もまず計算をします。 ここで相手が「折り合いをつけた金額」を提案してくる場合と、「そんなの知るか裁判起こせ」と言ってくる場合があります。 裁判を起こせとなると、普通はびっくりしますが、元々こっちはそのつもりで請求をしているはずです。 ”心”で負けてはいけませんよ。

裁判をする意思がある場合は、裁判所で所定の手続きをすれば完了です。 手続きも準備さえしっかりとしておけば、そこまで難しい事ではありません。 ちなみに140万円以上の訴訟は地方裁判所、以下は簡易裁判所と受付が違うので気をつけましょうね。




このカテゴリ「過払い金」のリスト
過払い金とは |  過払い金請求 |  計算方法 |  自分でする | 

[PR]


※コンテンツの無断複製、配布、修正、改編等、禁じます。