返済しなかった場合について説明しているページです。

@カードローン比較情報をブックマークに追加しよう。
お気に入りに追加


お金を返す:返済しなかった場合・・

世の中、借りた物は返すのが当然のルールです。
特にお金は、相手が金融機関でなくてもしっかりと返す事が、信用を保つための最優先事項です。

家族や友人からお金を借りた場合、期間や利息はケースバイケースですが、金融機関の場合はどちらもしっかりと設定されています。 これを無視すると、当然罰則も設定していますよ。

返済をしないという事は、人によって様々な事情があるかと思います。

例えば、病気や怪我で支払期限に間に合わなかった。
出張や仕事の都合で、手続きが出来なかった。

こういった場合は、金融機関の担当の方も人間ですので、事情をしっかりと説明すればわかってもらえます。 期限を超過した場合の臨時設定として、猶予期間を設けてくれる場合がほとんどです。

特に理由もない未返済や、あまりに繰り返し規定超過の支払いが続くと、”異動事故”扱いにされます。 異動事故になると、追加借入、新規借入が出来なくなるので注意が必要。 信用情報機関に異動事故の情報はすぐに送られるので、いわゆるブラックリスト扱いになります。

支払をしている間は、異動事故扱いで済みますが、支払自体を行わない場合は最悪の場合”法的手続き”がされます。 法的手続きをされると、給料の差し押さえや、訴状が送られ、裁判となるケースもあります。

こうなる前に貸付業者は、利用者への催促をする事が義務になっているので、催促には素直に従いましょう。

一般的には、一日でも支払が遅れる、口座引き落としが出来なかったという場合に、すぐに電話が来ます。 この電話は大変重要ですよ。

電話の対応で、こちらがあまりに横柄な態度、払う意思のない態度を見せるとすぐに”異動事故扱い”にされる場合もあります。 借りて、遅れてるという事は明らかにこちらの過失です。 相手も同じ人間ですので「すみません」の一言ぐらいは絶対忘れないようにしましょうね。

電話に出られない、電話でも払わなかったという場合には、手紙が来ます。
手紙でも駄目だと、今度は実際に担当の人が集金に。

どの段階が一番危ないかという言うと、「電話で確認が取れてない」状態です。 どんな理由で支払いが出来なかったとしても、金融会社からの電話には必ず出るようにしましょう。




このカテゴリ「お金を返す」のリスト
返済方法 |  リボルビング |  返済しなかった場合・・ |  支払催促 |  利用状況を把握する | 

※コンテンツの無断複製、配布、修正、改編等、禁じます。