利用状況の把握について説明しているページです。

@カードローン比較情報をブックマークに追加しよう。
お気に入りに追加


お金を返す:利用状況を把握する

借入前の状況確認も大切ですが、利用中の状況も自分でしっかりと把握する事が”お金を借りる”というシステムで大変重要になってきます。

月々の支払金額も重要ですが、借りたお金の利息がどういう計算で発生しているのか。 当初の支払予定額と金額が変わっていないか、といった事を自分で納得できるレベルまで把握する事が大切です。

金融の用語やシステムは大変わかりにくく出来ているので、独自で調べるのにはどうしても限界があります。 そこでお勧めしたいのが、各金融機関へ直接聞く事です。

毎月送られてくる利用明細書には、必ず電話番号が記載されています。 ちょっとした事でもいいので、わからない点があった場合は質問してみましょう。 個人的な印象としては、淡々とした受付の人が多い気がしますが、愛想のあるオペレーターを用意している貸付業者も多いです。

「若いおねーちゃんだから使えない感じがする。」という人もいるかもしれませんが、若いおねーちゃんでも金融のプロが受付をしていますよ。

そもそも各貸付業者は貸付内容だけに留まらず、全ての契約内容を利用者にしっかりと説明する義務があります。

特にお年寄りや若い方は、わからなくてもそのままにし、ただ払えばいいやという人も少なくありません。 相手はプロなので、どのような人にもわかるように、また理解するまで時間を惜しまず教えてくれます。

内容を理解するという事は、他の会社との比較が出来るという事に繋がりますよ。 契約内容によっては、想像していた以上に月々の支払が負担になっている場合があります。 そういった場合、他社と比較し切り替えを行った結果、月々の負担が軽くなったというケースも少なくありません。

切り替えは利用者が自由に行っていいので、実際の利用状況に応じて無理が生じないように対応していきましょう。

また切り替えとは別に、新規に借り入れる際にも、利用状況を把握しておくことは欠かせません。 月々の支払、収入、様々な要素を現在利用している貸付業者と相談する事も可能です。 それは他の貸付業者に依頼する事を前提としていても、何ら問題はありません。

むしろ自社の知らないところで他の借入をされる方が不安ですからね。




このカテゴリ「お金を返す」のリスト
返済方法 |  リボルビング |  返済しなかった場合・・ |  支払催促 |  利用状況を把握する | 

※コンテンツの無断複製、配布、修正、改編等、禁じます。