ブラックリストについて説明しているページです。

@カードローン比較情報をブックマークに追加しよう。
お気に入りに追加


ブラックリスト

各貸付業者が必ず作成しているのが、”ブラックリスト”です。
言葉自体にあまりいい印象はないですが、実際これに名前が載るのは大変よろしくないです。

ブラックリストに名前が載ると、新規に借り入れる事はほぼ不可能となります。

記載される基準は各社により、難易度の設定がされていますが、自分が”貸す立場”になって考えると非常にわかりやすかいと思いますよ。

例えば、色々な貸付業者に短期間で複数借入の依頼をしている人。 「いつ、どこで、どれだけの借入を希望した」という情報は、必ず一度”信用情報機関”へ上げられます。 複数希望するほど、月々の返済額は高額になり、支払が困難になるのは目に見えています。 また、それだけの大金が必要な場合は、一社で依頼をすれば済む話でもあります。 それが出来ない状態の人で、高額利用をしようとしている。という結論になり、ブラック入りする場合もあります。

信用情報機関で申し込み依頼が来た場合、数ヶ月(最低でも一ヶ月)は記録が残されるので、30日以内の連続申し込みはかなり危険です。

次に身元の確認が一度も出来ていない人。
そもそも身元確認が出来ないと借り入れる事は絶対に不可能ですが、それにも関わらず何度も申し込みをしてくる人。 迷惑極まりないですし、信用も何もないですよね。 こういう人もブラック入りする可能性が高いです。

ようするに「怪しい人」がブラックリストの大きな基準となるという事。

各社により、基準設定は異なりますが、確実にブラックリスト入りされる事もあります。 それは、特定調停、自己破産、長期延滞などを行った場合。

法的処置をした場合は一発でブラックリストに登録されます。 利用した会社はもちろん、信用情報機関へ真っ先に通報されますので、連鎖的に他社でも借り入れる事が確実に出来なくなります。

一度ブラックリストに名前が乗ると、長い場合は10年以上かかっても消される事がありません。 別に気にしないという人もいるかもしれませんが、カード社会と言われる現在の世の中で、クレジットカード一つ作れないのは大きな痛手です。 気にはしなくても、現実で体感できる事は大変多いと思いますよ。




このカテゴリ「トラブル」のリスト
悪質な貸付 |  救済機関 |  よくある質問と回答 |  ブラックリスト | 

※コンテンツの無断複製、配布、修正、改編等、禁じます。